今流行の「知育教室」ってどんなところ?

いま流行の「知育教室」ってどんなところ?


子供に習い事をさせるなら、少しでも将来役に立つものがいい」。そう思う親御さんは多いのではないでしょうか?
そんな意向を反映して今人気なのが、子供の発達を促す知育教室です。塾とは違い、子供の成長を促す役目のある知育教室とはどんなものかご紹介します。

知育教室ってこんなところ

知育教室というのは、五感を刺激して脳の神経回路を育て、子供に考える力を付けさせることを目的とした教室のことをいいます。いわゆる「塾」のように勉強をするところではなく、知識を広めたり知能を高めたりして、社会性を身につけるための教育を施すところなのです。
例えば迷路や立体パズルなどを使って視覚や触覚を刺激したり、音楽やスポーツなどさまざまなジャンルのカリキュラムを取り入れたりして、子供の心身の発達を促します。子供が受身になって勉強させられるというのではなく、子供が楽しみながらさまざまな体験をするということが重視されています。

学力を高めるというよりも知性を高め、集団生活の場でも自分で考えて行動できるようになるための素地を養えるとして、近年人気が高まっている習い事の一つとなっています。大手知育教室では「七田チャイルドアカデミー」や「めばえ教室」「ドラキッズ」などがあります。都市部を中心に展開している教室が多く、小さいうちから始められる習い事です。

知育教室に通うことのメリットとは

知育教室は頭と心と体をバランスよく育てることを目標としています。このため、子供の月齢に応じたカリキュラムが組まれており、子供が退屈せず、それでいてほど良い刺激となるレッスンを受けることができます。賢さや学力だけでなく、お友達を仲良くすることの大切さや思いやりといった情操教育という一面も持っている習い事だといえます。
知育教室は、専門的な知識を持った講師が子供たちにレッスンを行うところがほとんどです。発達学や心理学に基づいたカリキュラムを導入している教室が多く、詰め込み式ではなく子供が自主的に学ぶことを覚えられる環境となっています。月齢の小さいうちは、知育教室に通うことで心身の発達を促すことが期待できます。知育教室で学んだことは色々なところで活きてくるので、幼稚園や保育園に入ってから集団生活になじみやすいというメリットも得られます。
一方、就学前の子供には就学準備の一環として、知育教室は大きな効果を上げているようです。文字や言葉を先取りで覚えることができ、学校で役立つ知識も得られるのが、知育教室のメリットです。
子供も自身を持って入学も迎えられるので、学校生活がスムーズになる効果も期待できそうです。

おわりに

子供の成長をより良い方向へ促すためにと、早いうちから知育教室に子供を通わせる親御さんが増えています。また、知育教室は月齢の小さい子供でもコースが設定されていて、立地も駅近くの好アクセス地にあることが多くなっています。通いやすく子供が楽しく学べる教室ということで、知育教室の人気は年々高まっているといえます

参照

0歳からの赤ちゃん教育なら幼児教室の七田チャイルドアカデミー
めばえ教室|全国250教室の幼児教室・知能教育
1歳からの幼児教室|小学館の幼児教室 ドラキッズ